会社概要
     大連東都建材会社(旧大連東都环艺会社)は1997年に設立された登記資金2247万元の企業です。主にプレキャストコンクリート(PC)、商品コンクリート、ガラス繊維補強セメント(GRC)、ガラス繊維補強石膏(GRG)、ガラス繊維補強プラスチック製品(FRP)の研発、生産贩売、現場取付の現代化ハイテク会社で中国十二五計画のプロジェクトを担当しております。大連東都建材会社は設立後今まで対日製品輸出を行って総300件のプロジェクトを完成しました。現場職員約100人、工場総面積246000㎡、建築面積40000㎡、年間40000 m³のプレキャストコンクリート(PC)製品及び150000 m³の高性能コンクリートの生産が可能です。弊社は2008年に劳氏(LRQA)ISO9001質量管理体系認証を、2009年には日本プレコンシステム協会から認証を受けた最初の中国工場になりました。また、日本GBRCの生産技術認証を受け、今日本海外のPC会社中最初で二つの技術認証を取った会社です。   
    弊社は建設工事の検出資格とプレキャストコンクリート(PC)製品の生産資格プロ三級を持っています。弊社は日本の最先端の工業化住宅技術を導入し、構造設計から商品の作製、施工技術まで行っています。多年間会社は技術を導入した上、引きも切らず技術の更新、新製品の開発等の仕事を行った結果中国国内の建築指針にも符合するPC製品を開発しました。大連東都建材会社は大連市の住宅産業化基地のリーダーとして信頼できるPC製品及び技術サービスを提供いたします。